年収300万円と年収1億円の考え方が違っていて面白い

最近、読んだ本でとても面白い本と出会えたのでサクッと紹介したい。サラリーマン年収300万円ぐらい僕のような人は読むと面白いだろう

年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」という1冊だ

この書籍には年収300万、1,000万、1億円の人の考え方を知ることが出来る

 

読書が苦手な人でも読みやすい短編形式

この書籍を読み始めたとき最初に思ったのが「とても読みやすい」という印象が強い

冒頭で

年収300万円の人には、得意分野がない

年収1000万円の人には、苦手分野がない

年収1億円の人には、誰にも負けない得意分野がある

からスタートしそれぞれの視点から3ページ程度で思考がまとめられている

上記のような感じでサクサクとぞれぞれの年収の考え方を読むことが出来るのでサクサクと読めるのが嬉しい

 

特に面白かった思考

あまり内容を書くとネタバレになってしまうので個人的に特に面白かった思考を抜擢したい

年収300万円の人のデスクは散らかっている

年収1000万円の人のデスクは整理されている

年収1億円の人にはデスク自体がない

この話はすごく共感をすることができた

“デスクが散らかっている人は仕事が出来ない!”と日頃から思っているので、そこに年収まで関わっているのか〜と思いました

驚きなのは年収1億円の人はデスクを持たないということ。厳密には作業をする場所を日頃から変えているということだ

カフエだったりホテルだったりと決まったデスクがないということ

 

年収300万円の人は月収思考

年収1000万円の人は年収思考

年収1億円の人は時給思考

この思考の考え方も非常に面白い

僕は「月収思考」なので年収300万円の人。年収1億円にもなると何をするにも時給として考えているから動きや作業に無駄がないのだ

「この作業を時給で換算すると〜」という考え方が出来るから年収1億円にもなるのだろう

 

一部抜擢しただけだが、こんな感じで年収300、1000、1億円の人の思考回路が説明されているのでとても面白い

僕自身も実際にはサラリーマン年収300万円ほどだが、思考回路だけでも変えると人生を劇的に変えられるかもしれない

興味がある方は手にとってみてはいかがだろうか?

ちなみにKindle unlimitedなら0円で読めます

 

Sponsored Links

カテゴリー