サラリーマンブロガーの僕がMacを購入するときのちょっとした心得!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

今日で12月!今年も残り少ないですね〜12月と言えばクリスマスや大晦日と何かとイベントが多い月ですが、サラリーマンにある最大のイベントと言えば冬のボーナスではないでしょうか?

ボーナスに合わせてMacを買い換えるようと考えている方も少なくないはず!

本日はサラリーマンブロガーの僕が今まで8台以上購入してきた経験をもとに、Macを購入するときのちょっとした心得を紹介したい

スポンサーリンク

下位モデルを選ぶな!

Macといっても種類はある。現状だと大まかな種類以下のとおり

・12インチ MacBook 

・13インチ MacBook Air

・13インチ MacBook Pro

・15インチ MacBook Pro

・21.5インチ iMac

・27インチ iMac

・Mac Pro

あとは今月恐らく発売するのではないかという「iMac Pro」というものがあるのだが、Macといってもこれだけでのモデルが存在する

さらにそれぞれのモデルごとでストレージ容量やCPUの違いで価格が変わってくるのだが、ここでは下位モデルを選ぶべきではない理由を紹介する

価格は安いが後で後悔する可能性が高いのが下位モデル

Mac自体がWindowsPCと比べると全体的に少し高いイメージが強い

それ故に「Macを使えるんだったら〜」ということで下位モデルを選択しがちだが、これはやめた方が懸命だ

Macはスマートフォンのように毎年だったり、2年毎に買い換えるなんてことはかなり少ないだろう。むしろ、パソコンは4〜5年ぐらい買い換えるぐらいが一般的

Macを購入して1年で買い換えようなんてユーザーの方が少ないはず、それなら長く使うために少しでも作業環境をよくバリバリ動くMacの方がいいと考えるのが普通だろう

それであれば下位モデルではなく、せめて中間のモデルぐらいにしといた方がいいだろう

店頭で実機をしっかり触って!

せっかくMacを購入するのであれば購入前に実機をしっかり触ってから購入することをおすすめする

12インチ MacBook を購入してから「このキーボードは打ちづらい・・・」や出先で使うように13インチ MacBook Proを購入したが、「思ってたより重たい」等の自分がイメージしていることとは実はかけ離れいることも珍しくない

Macも安いものではないのでそうそうと買い換えるなんてことは難しいだろう

購入前にしっかりAppleスタッフや店員さんと相談して自分に本当にあったMacを見極めよう

誰々が使っているから自分も同じMacにするのが一番危ないので注意が必要だ

ストレージは想定の容量より倍のモデルを選べ!

これは本当に僕個人のお話になってしまうのだが、Macを購入するときは最低限ストレージは500GB搭載モデルを選択するようにしている

それ以下だと少し心もとないのだ。実際に僕が使用している15インチだが、ストレージ容量は500GB、使用している容量は270GB程度だ

なので500GBをいっぱいいっぱいに使用しているわけではないが、実際に使用しそうな想定されるストレージ容量の倍のモデルを購入するとさらに幸せに利用することができる

まとめ

僕が今までMacを購入してきて心得ているちょっとしたことでした!

ユーザーによってはMacを購入するとき、どこを優先させるのか?は、やはり人によって違うと思うので今回の記事はあくまで、Appleユーザーのひとりとしての心得として紹介しました

まだまだ項目はあるのですが、「ちょっとしたこと」ってことで今日はこのへんで!

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう