【レビュー】14インチ MacBook Pro にブラックカーボンのスキンシールを貼りました。傷や汚れから守ります

【レビュー】14インチ MacBook Pro にブラックカーボンのスキンシールを貼りました。傷や汚れから守ります

先日、14インチ MacBook Pro 2021 を購入した。スペースグレイの14インチはとてもカッコいいんだけど、このまま使うと傷や汚れがついてしまうかもしれない

1度、傷や汚れがついてしまうと買い換えるまでずっと嫌な気持ちを引きずってしまうので、毎度おなじみのスキンシールを購入しました

MacBook を新しく購入して、傷や汚れから守りたいのであればぜひ最後まで読みすすめてほしい。ではいってみよう

ケースよりスキンシール派です

よくAmazonで「14インチ MacBook Pro ケース」と検索するとたくさんケースが出てくる。主に天板と底面を保護するクリアケースが多いんだけど、ぼくはそれが苦手だ

MacBook の厚みが増すし、クリアケース分の重さも加わる。言うほど重たいか?と思うかもしれないが、クリアケースを有無でかなりMacBookの印象は変わるのだ

それに比べて、スキンシールは”シール”なので、全く厚みもなく重さも変わらない。さらにデザインの種類も豊富なので自分好みのMacBookにすることができるのは、とてもポイントが高い

MacBookのデザインを全く損なわずに使えるスキンシールが、ぼくは大好きだ

スキンシールの「良いところ」「残念なところ」

スキンシールの「良いところ」「残念なところ」

個人的には MacBookユーザーは全員スキンシールを装着したほうが幸せになれると思っているけど、スキンシールだって完璧ではない

長年 MacBook にスキンシールを装着し続けてきた、ぼくが思うスキンシールの「良いところ」「残念なところ」を下記のとおりだ

良いところ
  • 重量が気にならない
  • 大切な MacBook を傷や汚れから守ってくれる
  • カッコよさがアップする
残念なところ
  • 貼り付けの失敗が許されない(貼り直しができない)
  • 天板と底面、パームレスト左右のみの保護

スキンシールは良いところが多い製品だけど保護できる部分が決まっている。どうしても角や側面の部分はむき出しになってしまうので、気になる人には気になってしまうだろう

だけど、今まで 15インチ、16インチ MacBook Pro で同じスキンシールを使い続けてきたけど、スキンシールで保護されていない角や側面に傷や汚れがつくことはなかった

むしろスキンシールを装着してた部分の方が汚れていた。なのでスキンシールは“より汚れる部分を守っている”とも言える

Wraplus スキンシール

Wraplus スキンシール

いつもスキンシールを購入するときにお世話になっているのが、Wraplus(ラップラス)のスキンシールだ。とくにここのカーボンブラックがとてもカッコいいので、MacBook を買い換えるたびに同じカラーのスキンシールを購入している

中身は、「天板」「底面」「パームレスト左右」のスキンシールが入ってる

14インチ MacBook Pro にスキンシールを装着

14インチ MacBook Pro にスキンシールを装着

今まで、15インチや16インチ MacBook Pro にスキンシールを貼り付けた経験があるので、14インチ MacBook Pro のスキンシールは思ってたよりスムーズに貼り付けすることができた

14インチ MacBook Pro スペースグレイも十分にカッコいいが、ブラックカーボンを装着したブラックカーボンもカッコいいだろう!

14インチ MacBook Pro にスキンシールを装着

底面もとてもキレイに装着することができたが、14インチ MacBook Pro の底面に印字されていた MacBook Pro の印字は見えなくなる

なので、底面のスキンシールを貼り付けるかどうかユーザー次第です

14インチ MacBook Pro にスキンシールを装着

パームレスト部分のスキンシールはこんな感じです。このパームレスト部分は小さめに作られているので、中心という中心に貼り付けるのは難しい

外側に揃える、トラックパッド寄りにするなど、自分でルールを決めて装着するといい

パームレスト部分にスキンシールがあるとタイピングしたときの手の汗が目立たなくていいんですよね

14インチ MacBook Pro にスキンシールを装着

うむ!

めちゃくちゃカッコよく仕上がったと思う。やはり、ぼくが使う MacBook はこれだろう

スキンシールを装着したことによって、傷や汚れに心配することもなくなり使いまわしが格段にあがりました

初めての失態。破けました

初めての失態。破けました

みんなは気をつけてね!

はい!これみてみて!!

わかりますか?

Appleロゴの右側が少し破けてるのわかりますか?(りんごが欠けている部分ね)

もうね。ショックですよ

貼り付け作業している段階で気づいたんですけど、バッチリ破けましたね

完全に油断してました。余裕ぶっこいて貼り付け作業してたら破けたんです

スキンシールを貼り付け作業するときは、緊張感をもって作業をしましょう

(もったいないので最後まで貼り付けしましたが、買い換えようかどうかは検討中)

まとめ

まとめ

こんな感じで、14インチ MacBook Pro のスキンシールレビューを終えたいと思う。この記事でスキンシールの良さが少しでも伝わっていれば嬉しい

MacBookを完全に保護したいならケースを装着するのがいいし、使い勝手や持ち運びのしやすさを取るなら裸で使ってもいいだろう

だけど、スキンシールならMacBookを保護しつつも使い勝手や持ち運びのしやすさがある素晴らしい製品だ

もしスキンシールを使ったことがないならまずはひとつ試してみてはいかがだろうか

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

明日の記事でまたお会いしましょう!

Sponsored Links