クラムシェルモードばかりで使っているとMacBookにこだわる必要もないんじゃないか?と思った件

クラムシェルモードばかりで使っているとMacBookにこだわる必要もないんじゃないか?と思った件

1日だって触らない日なんてないんじゃないか?ってぐらい毎日Macに触れている

ぼくが愛用しているのは、14インチ MacBook Pro 2021 モデルだ。ちなみに最小構成でストレージだけ1TBに増設して使ってます

本業でもブログ活動でも 14インチ MacBook Pro 1台でこなしているんだけど、最近になって「MacBook」にこだわる必要がないんじゃないか?と思い始めている

そもそもテレワーク。基本的に自宅でしか作業をしない

そもそもテレワーク。基本的に自宅でしか作業をしない

そもそも本業がテレワークが基本で毎日、自宅で作業をしている

外で作業をすることなんて、ほぼ”無い”に等しいぐらい

そうなってくると、どうも 14インチ MacBook Pro のようなノートブックタイプのMacにこだわらなくてもいいように思えてきたのだ

もし自宅だけで作業するのであれば、14インチ MacBook Pro ではなく、Mac Studio のような据え置きタイプのMacを導入した方が幸せになれそう

14インチ MacBook Pro の最小構成モデルと同じぐらいの価格で、M1 Max を使うことができるのだから恩恵は大きそうだ

正直なところ「Mac Studio」+「iPad Pro」でも良いかなと思っている

今までもずっとテレワークだったし、これから先も同じくテレワークだろう

社内的には、ぼくを出社させるという考えがあまりないようなので、テレワークが基本だと予測している

こうなると、もう「Mac Studio」の導入もありかなー

自宅でしか作業しないなら今のところ Mac Studio がベストな選択な気がしてならない

そして、もし外で作業をするようなことがあるのであれば、iPad Pro で作業すればいいかなと思っている

今までも出張などで自宅以外で作業をするときは、軽めの作業がメインなので、iPadでも十分にこなせそうだ

クラムシェルモードで作業しすぎて、MacBook じゃなくてもいい!という考えが生まれました

クラムシェルモードはたしかに便利。そう便利なんですよ

MacBook を外部ディスプレイに接続すれば大画面で作業ができるし、お気に入りのキーボードやマウスで操作もできる

クラムシェルモードは間違いなく最高なんだけど、長いことクラムシェルモードで作業ばかりしていると、別に MacBook じゃなくてもいくね?ってなってくるのよ

常に充電状態にあるMacBookのことを思うと据え置き型の方が何となく安心感があるし…

今すぐにどうにかするってことはないけど、これから先を考えたとき、メインとなるデバイスのあり方や運用方法を変えるかもしれません

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links