AirPods Proで空間オーディオはすごいけど使えるコンテンツ少なくね?

AirPods Proで空間オーディオはすごいけど使えるコンテンツ少なくね?

先日登場したiOS14。パワーアップしているのは、iPhoneやiPadだけかと思ってたが、AirPods Proもちゃんとパワーアップしていた

AirPods Proで新たに使える新機能は2つ

  • 空間オーディオ
  • 自動切り替え機能

 

どちらも気になる機能ではあるが、今回は「空間オーディオ」について語っていきたい

 

空間オーディオを使うには?

空間オーディオを使うには?

空間オーディオを使うには、

  • iOS 14/iPadOS 14を搭載したデバイス
  • AirPods用ファームウェア「3A283」

を用意する必要がある

AirPods Proのファームウェアアップデートは、ペヤリングしたiPhoneかiPadとAirPods Proが充電中に自動的に行われる

なので、普段からiPhoneとAirPods Proを使っているユーザーは知らず知らずのうちにアップデートが完了しているだろう

 

アップデートが完了しているかどうかの確認は簡単で、iPhoneの

「設定」➔「Bluetooth」➔「接続されているAirPods Proの「i」をタップ」することで、上記画像のような情報を確認することができる

バージョンが「3A283」であれば空間オーディオを使う準備が出来ている

 

そもそも空間オーディオとは?

新機能「空間オーディオ」は、5.1chや7.1ch、Dolby Atmosが楽しめる。って言われてもピンと来ないと思うので、ザックリ言うと、「立体音響」が楽しめる機能だ

なんでも空間オーディオになるわけではなく、対応した映画コンテンツを空間オーディオで、視聴すると普段から聞いている左右の音ってより、前後上下や奥行きのある音源を楽しむことができる

こればっかりは実際に体験してみることをオススメする

 

対応コンテンツが「AppleTV+」「iTunes経由のコンテンツ」のみ

対応コンテンツが「AppleTV+」「iTunes経由のコンテンツ」のみ

ここまで聞くとAirPods Proが空間オーディオを得たことにより、すげーパワーアップしている!

と思うが、対応コンテンツがあまりにも少ない

上記画像は、AppleTV+で空間オーディオに対応している映画なのだが、赤枠の「Dolby ATMOS」の表記がないと、そもそも空間オーディオを楽しむことが出来ないのだ

下記に対応コンテンツを見極める方法をサクッと記載しておく

AppleTV+の場合
  • 「Dolby ATMOS」の表記
iTunesの場合
  • 「Dolby ATMOS」の表記
  • 「Dolby 5.1」の表記
  • 「Dolby 7.1」の表記

 

Hulu や YouTube など空間オーディオは使えない

ちょっと引っ張りすぎてたが、何が言いたいのかと言うと、今回登場した「空間オーディオ」は間違いなく素晴らしい新機能!

まさか持っているAirPods Proがさらに進化するとは思っていなかった

だけど、その「空間オーディオ」が使えるのがAppleTV+とiTunes経由の映画だけってどういうことよ!!

せめてYouTubeは対応してほしかった

 

実際に「空間オーディオ」を試したが、たしかにAirPods Proというイヤホンを装着しているのにもかかわらず奥行きのある”立体音響”で映画を楽しむことができた

だけど…

使用できるコンテンツが少ないのは悲しすぎる

 

もし「空間オーディオ」が使いたくて、AirPods Proを購入するのであれば十分に注意して購入すること!

空間オーディオで楽しもうと思っていたコンテンツが使えない!なんてことは十分にありえるよ

 

今後の対応に期待したい

 

Sponsored Links