Loupedeck CT の保護フィルムが汚れたので、剥がしたらタッチパネルにキズがついた残念なお話

Loupedeck CT の保護フィルムが汚れたので、剥がしたらタッチパネルにキズがついた残念なお話

心が抉られるような衝撃的な事件がおきました。

タイトルにもありますが、Loupedeck CT の保護フィルムが汚れてきて、見栄えが悪いので剥がしたら、タッチパネル部分にキズがついてしまったんです。

いやーマジで悲しすぎる。

慎重にやったつもりなんですけどね。大事なLoupedeck CTがキズ物になりました。(もともとキズだらけだけど)

この悲しい思いをぶつけるところがブログしかないので話を聞いてほしい。

タッチパネルの汚れが気になった

タッチパネルの汚れが気になった

事の始まりは、Loupedeck CT の写真を撮影しているとき、「なんかタッチパネルが汚れてるなー」と思ったことである。

Loupedeck CT を購入したときに長く大事に使っていこう!という意思の現れで、専用保護フォルムを購入。タッチパネルからダイヤルなど液晶という液晶を保護してくれる保護フィルムを購入した。

しかし、貼りたての頃はキレイだった保護フィルムも使っていけばだんだんと汚れていく。見栄えもかなり悪いことから、保護フィルムを剥がすことを決意。

タッチパネルに指紋や汚れがついてもキレイに拭き取ればいいや!ぐらいに思っていた。

簡単にフィルムが剥がせない

簡単にフィルムが剥がせない

保護フィルムを外すことを決意。しかし、保護フィルムを剥がすにも問題がある。

Loupedeck CT のタッチパネル部分をよく見てもらえればわかるが、タッチパネルのひとつひとつのサイズが小さめ。決して大きくない。

このタッチパネルの小さい枠に1枚1枚保護フィルムが貼り付けてあるのだ。いやーよく当時はキレイに貼り付けたものだと自分で自分を褒めてあげたい。

良くも悪くもキレイに枠に保護フィルムが収まっているせいで、爪を引っ掛けるところがなく、全く保護フィルムを剥がすことができない。

セロテープを使ってもダメ。何か硬いモノを使わないと簡単に剥がすことができない状態だった。

剥がすために使った道具がダメだった

剥がすために使った道具がダメだった

保護フィルムを剥がすのに何か硬いモノ….

と思い目に入ったモノが悪かった。

えーそうです。やってしまいました。ミドリ ダンボールカッターを使ってしまいました。

セラミック製の刃が保護フィルムを剥がすのにちょうど良いサイズだったんですよね。実際に保護フィルムを剥がすのに使うと面白いように剥がす事ができました。

そうして、Loupedeck CT の保護フィルムをすべて剥がし終えた後に悲劇に気づいたのです。

あーなんで、ミドリ ダンボールカッターなんかで、保護フィルムを剥がしてしまったんだろう…

細かいキズがつきました

細かいキズがつきました

これ…わかりますかね。

ちょっと縦に白い線が入ってるんですよ。

しかもね。このパネル1枚だけじゃなくて、他に2〜3枚同じようなキズがついちゃったんですよね。

完全にやらかしました。

約70,000円の左手デバイスに一生モノのキズをつけてしまいました。いやー左手デバイスに70,000円かけるなんてダメですね。ちょっとしたキズでショックが大きい。

だけど、よく見ないとわからないからセーフ….じゃない!!!

それは自分がよくわかっている。

キズがあるの知ってるからめちゃくちゃ気になる。

最後言わせてほしい。

今回は左手デバイスのお話だけど、スマホでもタブレットでも保護フィルムを剥がすときにダンボールカッターなんか使わないでね!デバイスの液晶がキズ物になるから(そんなことしているの僕だけか)

では本日はこんな感じで終えたいと思う。

最後までお読みいただきありがとうございます。

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links