11インチ iPad Pro用「Magic Keyboard」重すぎじゃない!

話題のApple製品のひとつ。iPad Pro用の新しいキーボード「Magic Keyboard」。発表当初より少し早く発売が開始されましたよね〜

すでに購入している方もいるのではないでしょうか

ぼく自身、iPadのキーボードをあまり使う方ではないですがトラックパッド付きとなれば 1度使ってみたい

「Magic Keyboard」を装着すると、ほぼパソコンのような筐体になるってとこも気になりますよね

ただこれ….すげー重たい

 

本体より重たい「Magic Keyboard」

gori.meによると、11インチ iPad Pro用である「Magic Keyboard」の重さがなんと600gもあるとのこと

11インチ iPad Proの重さは471g なのでiPadの本体より重たいキーボートなのだ

いやいや….

これ「Magic Keyboard」を装着した11インチ iPad Proで1kg超えるじゃん。その辺のノートパソコンと同じぐらいの重さになることにメリットはあるのか

「Magic Keyboard」のメリット
・シザー構造のキーボード
・バックライトキーボード
・ヒンジ部分に充電用USB-C搭載
・トラックパッドが使える

 

うっう〜〜〜〜〜〜ん

1kg超えるならわざわざiPadを使うまでもないように思えるのは、ぼくだけだろうか

それならMacBookを持ち運んで作業をした方が幸せになれる

 

12.9インチ用はもっと重たいってこと

11インチ iPad Pro用の「Magic Keyboard」で1kg弱ってことは12.9インチはもっと重たいってことだよね

それってもうMacBook Airを購入して作業したほうがいいような気がしてならない

むしろ今までの”Smart Keyboard Folio”に頑張ってトラックパッドを搭載してくれた方がよかったんじゃないかな〜

iPad = 軽い という認識が強いので、とても不思議にしか思えない

 

使ってみたい!と思わせるからAppleはすげーと思う

まー「Magic Keyboard」に対して辛口なことばっかり言ってるけど、iPad Proユーザーのひとりとしてはやっぱり「使ってみたい!」「触ってみたい!」と思っちゃうからAppleってすげーなと思う

ぼくは”Smart Keyboard Folio”があるから今回の「Magic Keyboard」は購入しない(たぶん….)けど、家電量販店のAppleコーナーで展示とかされていたら、きっと触っちゃって「これ!これがいい!!」とか言っちゃうんだろうな〜

 

 

 

‹via gori.me›

Sponsored Links