MacBook にType-C 1本で周辺機器に接続されるのって言うほど便利か?

Type-C 1本で周辺機器に接続されるのって言うほど便利か?

自分のデスクを使いやすくアップデートしていくのが大好きで、よくブログ記事やYouTube動画をみて他の方のデスクを参考にしたり、羨ましがったりしている

そこで、ひとつ思ったのが、「MacBook」+「外部ディスプレイ」の組み合わせで使っているひとってさ

ドッキングステーションとか使って、Type-C 1本で外部ディスプレイやSDカードリーダーなどの周辺機器に接続しているひとが多いのよ(ってか全員Type-C 1本で周辺機器と接続してるんじゃね?)

それって便利なの?

っている素朴な疑問…

そんなにType-C 1本で周辺機器に接続したい?

そんなにType-C 1本で周辺機器に接続したい?

MacBook をType-C で外部ディスプレイに出力するときって、クラムシェルモードを使うときや、デュアルディスプレイを使うときだよね

そういう使い方をするときは、充電ケーブルにも接続する必要があるから、最低でも「外部ディスプレイのケーブル」「充電用のケーブル」の 2本の接続が必要になってくる

それが、

こういうドッキングステーションを使うことにより、MacBook に 1本だけType-C ケーブルを接続すれば、「充電」と「外部ディスプレイ」に接続できる優れモノっということはわかるんだけどさ…

言うほど便利じゃなくね?

充電だけしたいときとかってどうしてるのかな〜と思うのよ

だってさ

「MacBook」にType-C を1本接続するだけで、ドッキングステーション経由で接続している周辺機器すべてと接続されるんでしょ?

今は使わない周辺機器だって絶対あるじゃない!!

ぼくは、MacBook に2本接続して使ってます

ぼくは、MacBook に2本接続して使ってます

「じゃそんなに言うおまえはどんな使い方をしてるんだ!!」

と言われそうなので、ぼくの使い方を晒しておこう

ぼくは、Type-C 1本で完結させるわけでなく、2本をケーブルを使っている

上記画像のような感じで、充電ケーブル と 外部ディスプレイ のケーブルをそれぞれMacBook に接続しているのだ

ぼくも一時期、「ドッキングステーションがあったらめっちゃ便利なんだろうな」なんて思いながら、どんなドッキングステーションを購入しようか悩んでいた時期があった

だけど、自分の使い方を見直してみると、「あれ?ドッキングステーションいらなくね?」ってなってる

なぜドッキングステーションを使って 1本化にしないのか?

「MacBook を自宅で使うときには、間違いなく外部ディスプレイに接続して使うぜ!」

という使い方だったらドッキングステーションを使って 1本化してもいい

だけどね

MacBook だけで作業したいときだってあるじゃん!

そういうときは、MacBook だけ充電しときたいのよ

突然、尊師スタイルで作業をしたいときってあるわけですよ

そうなると、

ぼくにとってドッキングステーションなどを使って、周辺機器をType-C ケーブル 1本でMacBookに接続する方法はデメリットかな〜と…

いちいちドッキングステーションから充電ケーブルだけ外して接続しなおすのもめんどくさいしね!

最初から別々のケーブルにしといたほうが運用はしやすいのだ

周辺機器の接続をType-C ひとつにまとめなくてもいいと思うのは、ぼくだけ?

周辺機器の接続をType-C ひとつにまとめなくてもいいと思うのは、ぼくだけ?

こんな感じで、「別に周辺機器をType-C 1本で接続できるようにしなくてもいくね?」という記事でした

たぶん、大多数のひとは、Type-C ひとつにまとめたいと考えているハズ!(デスク環境を紹介しているひとは、みんなドッキングステーションとか使ってる)

ぼくは別にまとめなくてもいい派なので、必要なときに必要な周辺機器を接続すればいくね?って感じです

普段の使い方にもよると思うんだけどさ、あなたは、周辺機器の接続をType-C ひとつにまとめたい派ですか?

..

.

最後にひとつだけ言わせて…

ドッキングステーション使いてぇ〜〜!!!

現場からは以上です

Sponsored Links