気づけばあれからもう1年。本日で33歳になりました

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

気づけばもうあれから1年。そう「あれ」というのは誕生日のことである

ついこの間、32歳になったばかりだな〜と思ってたのにもう33歳。歳を重ねるごとに時間の経過が早く感じるって本当だったんですね!

もう33歳(気持ちは20代ぐらい)なのでこれからのことをいろいろと語っていきたい

32歳に決意したことは出来たのか?

誕生日というひとつの節目にあたると「今年こそは!!」と気持ちが高ぶりやりたいことを告知したくなる

ちなみに去年32歳のタイミングでやりたかったことは以下の3つ!

まーほぼ毎年同じようなことを言っている気もしますが、僕にとってこの3つは非常に重要。そしてクリアするには壁が高いのだ

33歳の今日。果たして、この1年でクリア出来たのか?というと結果は以下のとおり▼

早起きのみクリアした。他の2つは未だに格闘中だ

「禁煙」はサラリーマンをやっているとよくあるスモーキングコミュニケーション(謎のコミュニケーション)があったりとついつい吸ってしまう

「痩せる」に関しても食事量は減らしているものの、運動していないせいか痩せている感じは全くしないのだ

本当の目的は去年に述べたが「禁煙する」→「早起きできるようになる」→「早起きにより時間があるから運動をすることができる」→「結果的に痩せることができる」という素晴らしい流れに持っていきたかったのだが世の中はそんなにうまくコトが運ばずに「早起き」だけ出来ている状態だ

 

33歳で何を想う

毎年毎年「今年こそは!!」と思うのだが、33歳の今年はある目標をかかげようと思う

今まであまりこだわってこなかった。ブログの収益化やしばらく休業しているYouTubeにも手をだせたらな〜と思っている

僕自身サラリーマンブロガーと名乗ってはいるが、現在の仕事でいつまでも続けていくつもりはない。ということは転職、または自分自身で収入源を作る必要があるのだ

いつサラリーマンとしての仕事が無くなってもいいようにある程度は自分自身で生活できるシステムを構築していこうと思っている

今年はある意味、例年に比べてかなり動きが出てくる年になるだろう

1年後の自分がとても楽しみで仕方ない

 

1日1日出来ることを全力でこなす

ある意味、今までは心のどこかで「サラリーマンだから…」とわけのわからない理由で1日の休みをダラダラと過ごしていた

33歳になった今。いいおじさん、いい大人である

1日24時間という皆平等時間をいかに使うかが大切なので1日1日出来ることを全力で取り組んでいこうと思う

歳をとることに時間経過が早く感じるのは「いつも同じことを繰り返している」「新しいことをしない」からだ

ようは歳を取るにつれて刺激が少なくなってきているのだ

また1年後の誕生日。「もう1年過ぎました」ではなく、「やっと1年立ちました」と言えるように密度の濃い1年を過ごしていきたい

Sponsored Links