外部ストレージ購入はケースとSSDをそれぞれ購入した方が安くなる

皆さんはパソコンを使うとき外部ストレージも一緒に使っていたりするのでしょうか?

僕は自宅ではAirMac ExpressがあるのでHDDをWi-Fiで接続することによってHDD内にあるデータにアクセスしております

外出先ではMacBook Proの内部ストレージ500GBで作業を行っているのですが、最近になってMacの内部ストレージに不安を感じてきている

外部ストレージを購入すればいいのだろうけど、意外と高かったりするのだ

今回はGT師匠の記事にもあるのだが、ケールとSSDを別途購入する方が外部ストレージとして安く収まるのでは?というお話だ

 

【超簡単】ストレージの入替などで、余ったSSDをUSBメモリ代わりにする方法

 

 

SSDを購入するとなると…

普通。パソコンで使うSSDを購入する!となると自分でパソコンからHDDを取り外して換装作業を行うというよりは外部ストレージとしてSSDを購入するイメージの方が多いだろう

 

特に上記のような製品を思い浮かべるだろう

たしかにこの手の製品なら購入してすぐに利用することはできるがそれなりに高価なのだ

上記製品で250GBの保存容量で約9,000〜10,000円ほどする。SSDだから高いという見解もできるがそれならそもそも自分しか使わないストレージ。もう少し安く収められないのか?

それがそんな夢のような方法があるんです

 

ケースとSSDを別々で購入する

あまりピンと来ないかもしれないが、先程のはいわゆる”ケース”と”SSD”が一体化した製品。別々で自分で用意して購入すれば安く収まるのではないか?というのが今回のお話だ

例えば以下の2つの製品を組み合わせることによって見事に外部ストレージとして500GBのSSDが完成するお値段は先程のSanDiskと同じかそれ以下なのに容量も多いしSSDだ

これなら安価に外部ストレージとしてSSDを用意することができるのだ

 

 

好みはあるかもしれないが悪くないと思う

僕自身もGT師匠の記事「【超簡単】ストレージの入替などで、余ったSSDをUSBメモリ代わりにする方法」をみて感じたことだ

ケースとSSDを別々で購入するのは不安があったりデザイン面で好みはあるかもしれないが、間違いなくお財布には優しいとだけ言っておこう!

僕もそろそろMacBook Proのストレージが厳しくなってきたので予め準備しておきたいと思っている

 

‹via WEB、IT、パソコン講座

 

Sponsored Links

カテゴリー