【報告】予定より2週間ほど早く退院することになりました!ひゃほーい!!

【報告】予定より2週間ほど早く退院することになりました!ひゃほーい!!

糖尿病と診断され入院生活を送っておりましたが、当初予定していた4週間の入院期間が短くなり2週間ほどで退院することになりました

ひゃほーい!

いやー自分がんばった!めちゃくちゃ頑張った!!

入院中でも関係なくテレワークやブログ作業をしながら検査やらリハビリやら頑張った

自分で自分を褒めてあげたい

読者の皆様にはご心配をおかけしました。入院中は暖かいお言葉をたくさんいただきありがとうございます

この記事が公開されている頃には退院済みだけど、今回は退院報告として記事にしておく

ではいってみよう!

入院中に様々な検査を受けた結果を説明されました

入院中に様々な検査を受けた結果を説明されました

入院中にテレワークやブログ作業をしていたのですが、その合間に様々な検査やリハビリを行ってたんですよね

糖尿病患者って特有の病気「三大合併症」があります

  • 糖尿病網膜症 → 視力が低下する病気
  • 糖尿病腎症 → からだむくんだり、気分が悪くなる
  • 糖尿病神経障害 → しびれや痛みを感じたり、感覚がなくなったりする

これらの病気が進行していないかどうか?と、膵臓からインスリンがちゃんと分泌されているのか?などの検査です

退院前日に担当医から下記の説明をされました

  • 膵臓からインスリンは十分に分泌されてる
  • 内蔵脂肪が多いからインスリンの効きが弱い
  • 合併症の心配は今のところない

膵臓からインスリンは十分に分泌されている

インスリンってのが少ないと血糖値が高くなって糖尿病判断される。僕の場合インスリンの分泌量を調べる検査をすると十分に分泌されてるんだってさ

えっ!?じゃなんで糖尿病になったの??と思ったんだけど、それは次の項目で明らかになる

内蔵脂肪が多いからインスリンの効きが弱い

インスリンがちゃんと分泌されていても血糖値が高くなる原因。それは内臓脂肪が多いから!とのこと

内臓脂肪が多いとインスリンの効きが弱くなり血糖値が高くなるんだって!!

合併症の心配は今のところない

先程も触れましたが、糖尿病で怖い「三大合併症」の心配は今のところないみたいです。ただ今後起きる可能性があるかもしれないので生活習慣に気をつけて!と言われました

結論:”太ってる”ってことですか?

結論:"太ってる"ってことですか?
注)画像はイメージです。僕のお腹ではありません。

検査結果の内容を担当医から聞けば聞くほど、ある結論が僕の中にでてくる

すべての検査結果の説明を終えたあとに担当医に確認してみた

僕「結局、僕の内臓脂肪が多い。太ってるってことですよね?」

担当医は、ハッキリ言いづらいのだろう。静かに頷いた

だけど、これでやることが明確になった

痩せればいいのだ

内臓脂肪を減らして身体を適正体重にすればいい

ちなみに現在 74キロほど、適正体重は60キロほどだ。これを目標に生活すればいい

インスリン注射・血糖値測定が無くなりました

糖尿病と診断されてから、毎日自分でお腹に打っていたインスリン注射や血糖値測定はしなくていいという判断がされ開放されました

糖尿病患者になると死ぬまで付き合っていくものだと思っていたので、これにはビックリです

一旦は飲み薬で様子を見ていくことになりました

いやー良かったです。インスリン注射や血糖値測定は出先にも持っていく必要があったのですが、持ち歩かなくてよくなったので身も心も楽になりました

生活習慣は本気で気をつけないといけない

予定よりかなり早い退院となりましたが、また血糖値が上昇してコントロールが出来ていない!と判断されると入院することになります

そうです

治ったわけではないのです

これからは食べ物に気をつけなきゃいけないし、運動も毎日しなければいけません。ジャンクフードやジュースを飲んでる場合じゃないんですよね

僕は「自分は大丈夫!」なんて思ってたら結果的に糖尿病診断され入院と大変でした

あなたも糖尿病診断される前に生活習慣を見直した方がいいですよ

では本日はこのへんで

最後までお読みいただきありがとうございます

また明日の記事でお会いしましょう!

Sponsored Links