au・ソフトバンク!「テザリング有料化」について!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

気づけばもう4月。札幌は雪も溶けて春の兆しが出てきております

4月最初の記事ということでネットでも話題になっているau・ソフトバンク「テザリング有料化」に関して当ブログでも少し語りたい

 

そもそも「テザリング」とは?

今更ではあるが、「テザリング」という言葉にあまり聞き慣れてない方の為に少し補足する

「テザリング」とは携帯電話・スマートフォンのデータ通信を利用してモデムのように利用し、他のパソコンやタブレットに接続することができる

外出先でインターネットを楽しむことができるPocket WiFiやWiMAXと違い、別途でモバイルWiFiルーターを用意していなくてもスマートフォンがあれば利用できる

問題点をあげるとすれば契約キャリアによっては「テザリング料金」が別途発生したり、テザリングをしているスマートフォンが熱を盛ったり、バッテリー消費が激しくなることだ

まーそれもモバイルバッテリーを利用すれば解決するし、僕自身も外出先でネット環境がない場合に多少使う程度。便利には利用が出来ている

 

話題になっている「テザリング有料化」!

「テザリング」が何なのか?というのは何となく伝わったところで話題になっている「テザリング有料化」について好き勝手に語っていきたいと思う

au・ソフトバンクが提供するスマートフォン料金プランで主に大容量プラン(月間20GB以上)で「テザリング」を利用したい場合は別途「テザリング料金」が発生するというものだ

逆にデータプランで5GB程度プランであれば「テザリング料金」は無料

「テザリング」を使用したいユーザーは大容量プランを選ぶ方が多いと思うのだが、ここで「テザリング」が有料なのはおかしいんじゃないか?という話だ

「テザリング有料化」を謳っているキャリアはau・ソフトバンクだ

auは2018年4月。ソフトバンクは2018年6月から「テザリング」を有料化するとのことだ

今まではキャンペーンにて「テザリング料金」を無料としていたが、ついに有料化が始まるというわけだ

ドコモを含めた携帯大手3社の「テザリング」料金についてカンタンにまとめたので参考にしてほしい

 

KDDI au

対象プラン ・auピタットプラン
・auフラットプラン20/30
・データ定額20/30
・右表以外の定額サービル
・データ定額1/2/3/5/8/10/13
・シニアプラン
・ジュニアスマートフォンプラン
・カケホ(ケータイ)
・スーパーカケホ(ケータイ)
・VKプラン
・VKプランS/M
・LTEプランS
・データ定額cp(0.8)/1cp/3cp/5cp
・auスマホはじめるプログラム専用プラン
テザリング料金 月額500円(税抜)
(2018年3月31日まで無料)
月額無料

 

ドコモ

対象プラン ・ウルトラシェアパック30 /50/100
・ウルトラデータLLパック
・ウルトラデータLパック
・ウルトラビジネスシェアパック30/50/100
・左表以外のプラン
テザリング料金 月額1,000円(税抜)
(無期限無料キャンペーン中)
月額無料

 

ソフトバンク

 対象プラン ・データ定額20/30/50GB
・家族データシェア50/100GB
・法人データシェアギガパック50/100
・データ定額ミニ 1/2GB
・データ定額 5GB
・データ定額S(4Gケータイ)
左表以外のプラン
 テザリング料金  月額500円(税抜)
(2018年5月31日まで無料)
 月額無料 2年間無料
3年目から500円(税抜き)

 

やはり大容量プランはドコモ以外、最終的には月額料金が発生するようになっている

テザリング料金といっても500円(税抜)だが、これが1年、2年と考えると結構バカにならない金額になってくる

 

料金プランの見直しをするべきか!?

別途でPocket WiFi等のモバイルWiFiルーターを契約するよりは安価に利用ができる「テザリング」だが、au・ソフトバンクのテザリング有料化は個人的にも反対派ではある

ワイモバイルや他MVNOの格安SIMの会社は「テザリング」は無料提供されている中での有料化

スマートフォンを「テザリング機」としても利用しているユーザーは自分の契約内容を確認上、乗り換えやプラン変更を検討してみてもいいかもしれない

 

Sponsored Links