16インチモデルMacBook Proが登場しましたね。15インチユーザーの気持ち

16インチモデルMacBook Proが登場しましたね。15インチユーザーの気持ち

2019年11月13日にAppleは16インチ MacBook Proを発表!

兼ねてから噂されていた16インチモデルがついに登場し気になっている方も多いのではないだろうか?

噂されていたキーボードも進化し、物理escキーも搭載。RAMも最大64GBも積むことができ、ストレージも最大8TBにすることができるようになっている

ここまでくると一般サラリーマンの僕には全くもって無縁なマシンな気もするが、15インチ MacBook Pro大好き人間の僕にとっては気になるマシンだ

 

16インチモデルで大きく変わったとこ

今まで発売していた15インチモデル MacBook Proと違い今回登場した16インチモデルでパワーアップしたとこがある

物理「esc」キー

16インチモデルMacBook Proが登場しましたね。15インチユーザーの気持ち

今までは「esc」キーもTouch Bar内にいたのだがこれが物理キーになりました。あまり評判がよくないTouch Barは健在

 

Magic Keyboard

故障が多いと言われていたバタフライ式キーボードが新たにシザー式キーボードになりました

 

本体が少し大きくなっている

15インチ MacBook Pro(2016)からサイズダウンして持ち運びしやすくなり重さも2.0kgを切っていたのが16インチモデルになり少しサイズが大きくなっている。重さも2.0kgと重くなったがバッテリーの持ちが1時間伸びたようだ

 

スピーカーもパワーアップ

6基のスピーカーによりノートブックとは思えないステレオサウンドを楽しむことができる。スタジオ品質の3マイクアレイも搭載しクリアな音源を録音することもできる

 

とまーこんな感じだ。全体的に物欲を刺激するような仕上がりのMacBook Pro。個人的に気になるのは重さと本体サイズが大きくなったことだけ

 

ぶっちゃけ欲しいは欲しい

現在、僕が愛用しているのは15インチ MacBook Pro(2016)モデルだ。Touch Barを搭載した初めてのモデルである

いろいろとトラブルがあったものの大事に使っていて未だに現役だ。ただ正直、僕にはオーバースペックな気がしてならないが、僕はどちらかというと”ディスプレイサイズで購入した”感じだ

15インチもあると作業スペースが広くとれて1台のマシンで作業の効率化を図ることができる

そこに16インチの登場…

許されるなら使ってみたい気持ちが大きい

もし購入するなら

16インチモデルMacBook Proが登場しましたね。15インチユーザーの気持ち

僕がもし16インチ MacBook Proを購入するのであれば下位モデルで何もカスマイズをしないモデルだろう(これだけでも僕にとってはオーバーススペック)

それでも248,800円(税抜)で本当に安くない買い物となる。嫁さんに内緒で突然、こんなもの購入したら家庭崩壊にもなりかねないので購入ボタンが家庭崩壊のボタンとなる

 

15インチ MacBook Pro(2016)に不満はない…

16インチ MacBook Proの登場で僕自身舞い上がっているので物欲センサーが凄まじく反応しているのだが、よくよく考えれば愛用している15インチ MacBook Pro(2016)に全くもって不満はない

個人的には結構、過酷に使っていると思うのだがバリバリと働いてくれる15インチ MacBook Pro

特に今の15インチ MacBook Proに不満もないので。突然動かなくなったり故障しないかぎりは僕の買い替えは恐らくないかな〜と思う

恐らく…

 

..

 

.

 

Sponsored Links