年収1億円プレイヤーに会ってきました

先週のことです。単身で飛行機に乗って東京へと行ってきました

 

 

朝の5時ぐらいに自宅から出発して千歳空港までいき、飛行機にゆられながら行ってきたわけです

まー何をしに行ったかというと”年収1億円プレイヤーに会うため”だけに行ってきました(完全に押しかけているだけ)

 

何をしに行ったの?

「年収1億円プレイヤーに会いにいくだけで?」と思われるかもしれない

ぼくのことを知っている人(リアルの知り合い)なら驚きだろう。なんせぼくは“ひとりで公共機関に乗れない”のだ

”乗れない”というと全く乗れないように聞こえるが、普段から利用していないために乗り方に自身がない!と言ったほうがいいだろう

そんな自分の弱点を克服しつつ「年収1億円プレイヤー」に会いに行った理由がある

自分を変えたいから

 

会社に今まで属さず、年収1億円も稼ぐような仕事をしている人に会えれば、考え方・志・目線の先など、その人だけの見えている世界があるに違いない!と思い行ってきました

 

根本的な考え方が違い過ぎてヤバい

会社にいると上長や部長、社長や自分より仕事が出来る人の”話”や”考え方”っていろいろ教わると思うんですが、”年収1億円プレイヤー”の人の話は根本的に次元が違う

会社にいるより納得できる”考え方”が多いのだ

“年収1億円プレイヤー”の人を前にぼくは緊張しすぎてしまっていつもどおりのテンションで質問をガンガンすることが出来なかった(マジで勿体ない)

ただその方は気さくな方でいろいろな話をしてくれた

年収の話や他の人の成功した話、仕事の流れなどだ…そういう話のひとつひとつ、全てが面白い・やってみたい・実践してみたいにつながっている

 

なんというか…会社や学校は”社会”に出るには必要な場所かもしれないが、平均した一般常識を洗脳する場所でもあるんだな〜と感じた

これからの時代は個人のスキルがモノをいう時代になっていくと思うので、マジで貴重な経験をすることが出来た

可能なのであればもう一度”年収1億円プレイヤー”に会いに行きたい。お話をしているだけ自分の今までの思考が書き換えられていく感じだ

 

イメージと違ったこと

「年収1億円」と言うと、自宅がスーパー豪華でよくわからない置物があったり絵画があったりと”金持ちを象徴”するようなものばかりが自宅にあると思っていたのだが、全然違った

ぼくが会わせて頂いた”年収1億円プレイヤー”の方のご自宅はテレビで見るような”金持ち”を象徴するものは何もなく、本当に必要なモノだけが自宅にある感じ

東京に住んだことはないが、結構広かったので家賃はそこそこすると思うが、「うっわ〜金持ちのおうちだ!」というのは無かった

 

テレビの影響のせいか。「金持ち」→「金ピカの置物がある」というイメージがあったので、実際に稼いでいる人こそそういうものはないのだという

 

少ない時間しかお話出来なかったけどすごい変わる

一泊二日の東京。え〜ほぼ移動時間ですよ

半日は移動です。その少ない時間でしかお話は出来ませんでしたが、ぼくも考え方が変わったと思うし、会社の洗脳も少し溶けたと思います

そもそも人生でそういう人に会えるかどうかってわからないじゃないですか?

たまたまぼくは会えることが出来たので本気でいい経験が出来ました。Kさんありがとう

ぼくもこれから先の動き方・人生を少し考えいきたいと思います

 

Sponsored Links