ジンギスカンの作るときに使うのは「ジンギスカン鍋」それとも「フライパン」?

どうも!HIRAMA (@hiramarilyouiti)です!

皆さん「ジンギスカン」という食べ物をご存知でしょうか?道産子にとっては当然のような食べ物です

「ジンギスカン」とは羊肉を使った焼肉料理のこと!羊肉って聞くの道外の方は苦手意識があるかもしれませんが、独特の臭みがクセになりますよ!

本日は我が家の食卓で繰り広げられた「ジンギスカンを作るときに使うのはジンギスカン鍋なのかフライパンなのか?」を語っていきたい

 

 

嫁さんの実家は「フライパン派」

夕食をジンギスカンにするとき、嫁さんはフライパンを利用する。僕はジンギスカン鍋派だったので不思議に思い聞いてみると嫁さんの実家ではジンギスカンを食べるときはフライパンで調理をしていたとのこと

ジンギスカンをフライパンで調理するメリットとしては調理が早い!

材料さえあればフライパンにぶちんで焼けばすぐ完成だ!お手軽に調理できるのもジンギスカンのいいとこだ

ただフライパンにも弱点がある。それは肉を追加するときはいちいちフライパンに火をかけなければならないことだ

鍋では無いのである一定の量をすぐに調理するのには向いてはいるが、大人数では向かないだろう

それに時間が経過すると冷めたり肉が硬くなっていくのでダラダラと食べていると後半はあまり美味しくない

 

 

僕の実家は「ジンギスカン鍋派」

うってかわって僕の実家ではジンギスカンを食べるときは「ジンギスカン鍋」を使う

「ジンギスカン鍋」というと知らない人だと想像がつかないと思うが、Amazonで探せばすぐにでてくるので1度見てほしい

「ジンギスカン鍋」は基本的に丸い形で真ん中が盛り上がっている形状だ

お肉を焼くと溶けた脂が下に流れ落ちるようになっているので美味しいジンギスカンを楽しむことができる

ちなみにジンギスカン鍋なら野菜も美味しいのだ。流れ落ちた脂のおかげで縁にある野菜は香ばしく美味しく焼きあがる

フライパンでジンギスカンをするのとは違い。「鍋」なのである程度準備する必要がある

ただ逆にフライパンと違って1回の調理で終わるではなく、お肉があるかぎり焼き続けることができるので、常に美味しいジンギスカンを楽しめるのだ

まー個人的には間違いなくフライパンよりはジンギスカン鍋で食べた方が美味しいと思っている

 

 

フライパン・ジンギスカン鍋戦争!

まーそんなこんなでそれぞれの実家でのジンギスカンの食べ方が違うことから多少口論になったものの

そもそも我が家にジンギスカン鍋がない!(買えばいいのだが・・・)ことからHIRAMA家ではジンギスカンを食べるときはフライパンになりました

フライパンで食べるジンギスカンもまずいわけではないが、たまにジンギスカン鍋で食べるジンギスカンが恋しくなるときがある

もし皆さんがジンギスカンを食べるときは、ぜひジンギスカン鍋で食べることをオススメしたい!

SPONSORED LINK