ワイモバイル!「家族割引サービス」の事務手数料が発生するようになっている!?

こんにちは!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

大手3社(au,ドコモ,SoftBank)にでは行っていない格安スマホ料金を提供するワイモバイルだが、昔から「家族割引サービス」に変化があったので紹介しよう

「家族割引サービス」とは?

ワイモバイルが出来た頃からずっとサービスを提供している「家族割引サービス」

ワイモバイルスマホが2台目から月々500円引きやケータイ(PHS)なら基本使用料が全額無料になるキャンペーンだ

実は細かな設定で上記以外の特典もあったのだ、それが今回の記事で言いたいことだ

当初、「家族割引サービス」を利用して申し込んだ契約に関しては事務手数料無料というのがあったのだが、なんと2017年6月1日からは通常通り事務手数料3,000円(税抜)が発生するのだ

 

注意事項をよくみてみる

上記はワイモバイルHPに記載のある「ご注意事項」

この「ご注意事項」によると2017年5月31日までに「家族割引サービス」を申込をしたユーザーに対しては事務手数料が無料とある

つまり2017年6月1日以降に「家族割引サービス」を申込するとスマホであれば月額500円引きが適用になるものの事務手数料は発生するということだ

これは今までの「家族割引サービス」を知っているユーザーからすると少し残念な感じがする

ワイモバイルHP−「家族割引サービス」

「家族のスマホまとめてキャンペーン」が実施

事務手数料が発生するようになったからなのかは不明だが、ワイモバイルでは2017年6月1日から「家族のスマホまとめてキャンペーン」を開始する

内容としてはワイモバイルスマホを申込む際に2台以降に対して5,000円分の還元があるというもの

たしかに事務手数料は発生するようになったが、5,000円還元があれば約2,000円分得することになる・・・

ただしこのキャンペーン、ひとつ注意点がある

同月内契約2台目以降に対してキャンペーンが適用される

なので元々既存でワイモバイルスマホを持っているユーザーが2台目を申込しても適用にならないのだ・・・これは残念

 

 

事務手数料が有料でも「家族割引サービス」は強い

2017年6月1日から「家族割引サービス」を適用しようとも「事務手数料」が発生するようにはなったが、それでも「家族割引サービス」の有利性は強い

ライバル社のUQモバイルとサービス内容を比較しても「家族割引サービス」や機種変更が出来る点、さらにショップの展開数を見るとあまりQUモバイルを選択する必要性が感じられない

 

まとめ

僕もワイモバイルの507SHというAndroid Oneシリーズの機種を1台サブ機として契約しているが、メイン機で十分なスペック

ゲームや動画などスマホで重たい作業を全くしないのであれば全然問題なく利用ができるワイモバイル、サービスも大手3社にないようなものばかりなので気にしていると中々面白いですよ

SPONSORED LINK