ソフトバンク/ワイモバイル!!新しい固定電話サービス!「おうちのでんわ」を7月5日から提供開始!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

2017年6月20日にソフトバンクは手軽に利用ができる固定電話「おうちのでんわ」を発表した

提供開始は2017年7月5日からを予定している

申し込みはソフトバンク、ワイモバイルショップで受付が可能だ

スポンサーリンク

「おうちのでんわ」とは?

LTEのネットワーク活用して上記写真にある「でんわユニット」を通して一般向けの固定電話やFAXを利用できるサービス

現在使用している固定電話番号をそのまま引継ぎ使用することができるのです(NTT発番、加入権がある番号のみ)

通常の固定電話だと基本使用料が約1,700円ほどがこの「おうちのでんわ」にすると月額980円で利用が可能

そして通話料金も全国一律の料金になるのでアナログ回線だけの電話を使っている方も単純に月額料金を下げたいのであれば検討する余地がある商品となります

月額料金

項目 料金
「おうちのでんわ」のみ 「おうちのでんわ」

SoftBank Air
または
SB/YM携帯電話
月額基本料 980円 980円
「でんわユニット」賦払金 465円(税込)×36回 465円(税込)×36回
月月割 ▲465円(税込)×36回 ▲465円(税込)×36回
でんわまとめて割 ▲480円
合計 980円 500円

「おうちのでんわ」のみの使用だと月額料金980円なのだが、「SoftBank Air」かソフトバンク、ワイモバイルのスマホを持っていると「おうちのでんわ」の月額料金からさらに割引のかかる「でんわまとめて割」が適用になり「おうちのでんわ」を月額500円で利用することができるのだ

通話料金

項目 料金
固定電話宛(3分あたり) 全国一律 7.99円
携帯電話宛(1分あたり) “ソフトバンク”の携帯電話宛 無料(ホワイトコール24必須)
“ソフトバンク”の携帯電話以外 16円

通話料金が光電話とほぼ同じか少し安いぐらいなのでただ単純に光電話を使いたいだけ!というユーザーは「おうちのでんわ」に切り替えてしまってもいいだろう

各種オプションサービス

項目 料金 内容
番号表示 400円 かけてきた相手の電話番号を電話機などのディスプレイに表示します
キャッチ電話 300円 通話中に他の人から電話がかかってきた際、割込音でお知らせし、通話中の相手を一時的に保留にして、後から対応できます
着信転送 500円 かかってきた電話をあらかじめ設定した他の電話番号へ転送します
番号通知リクエスト 200円 電話番号を通知せず、かけてきた相手に自動音声で応答し、電話番号を通知してかけ直すよう要求します

各種オプションは上記の通り、でんわと言うぐらいなので一般的な電話オプションは充実しているようだ

初期費用

項目 料金
契約事務手数料 800円
番号利用登録料 1,000円
番号継続登録料 2,000円

これだけ安価な固定電話を提供するのだから初期費用が高いと思いきやそんなかからないイメージだ

これだけでの初期費用で済むのであれば全然ありだろう

SoftBank Airと合体する!?

なんとSoftBank Airと合体することができるのだ

合体と言ってもただ重ねるだけなのだが・・・

これによりSoftBank Airからの給電が可能のようだが、実際はどんな感じになるのかは想像がつかない・・・

インターネットや電話は工事をしなくてもいい時代に!!

当時だとインターネットと言えば自宅に大掛かりな工事をしてやっと使えるようになっていた

固定電話でも同じことだ、NTT加入権というとんでもない金額を支払って番号持つというのが当たり前だったのだが、SoftBank Airや「おうちのでんわ」が登場することによって自宅に一切工事をしなくてもインターネットや固定電話が使える日がやってきましたね!

工事が入ると立会いが必要じなったりして予定を組んだりと大変でしたが、全てコンセントにさすだけで利用ができるならかなり便利です!!

まとめ!

2017年7月5日にはサービスを開始するようです!

個人的に気になるのは契約期間

「でんわユニット」自体は36回の分割は明記されているのですが、契約期間の明記がない

SoftBank Airのように2年自動更新契約、36回分割のような変な契約で無ければ最高にいいサービスなのですが・・・

ともあれ光回線を契約しなくても最安月額500円で固定電話を利用できるサービスはとても面白いですね!他社も同じようなサービスを追従するのかが気になりますね

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう