ひとり”Slack(スラック)”をデビューしました

ひとり"Slack(スラック)"をデビューしました

以前から”手軽にメモできる”アプリがないかな〜と色々と探していたのですが、Slack(スラック)の評判が良かったので、”ひとりSlack(スラック)デビュー”を果たしました

サクッと思いついたことをメモに残せておけるSlack。思ってたよりもかなり便利です

 

 

“Slack(スラック)”を導入した理由

ひとり"Slack(スラック)"をデビューしました

僕はスケジュールやメモ、リマインダーなど仕事やブログ、会議の議事録を複数のアプリで管理している

 

それぞれどんな使い方をしているのかは今度また語ろうと思う

“Slack(スラック)”を導入した理由としては「パッとメモを出来る環境がほしかったから」だ

メモと言えば、「Evernoteで良いじゃん?」と言われそうだがパッと思いついたアイディアを書き留めるにはEvernoteでは機動力が遅いのだ

ガンガン思いついたアイディアやブログネタを溜め込めるようなアプリ。それが”Slack(スラック)”だったのだ

 

 

そもそも”Slack(スラック)”とは?

ひとり"Slack(スラック)"をデビューしました

そもそも「”Slack(スラック)”って何なの?という方の為に少し”Slack(スラック)”について語る

“Slack(スラック)”はビジネス向けのチャットサービスだ。あなたが普段、使っている”LINE”と比べるとその違いがわかるだろう

“LINE”は個人と個人でやりとりを基本とするのに対して”Slack(スラック)”はグループでやりとりを基本とする

“Slack(スラック)”では間違って送った情報を訂正もできたり、アカウント管理者ではあれば、個人のトークルームも管理することが可能です

このようにかなりビジネス向けのサービスとなっている(うちの会社でも使わないかな〜と思っている)

 

 

ビジネスチャットサービスなのに”ひとり”で使うの?

ひとり"Slack(スラック)"をデビューしました

先程、「Slack(スラック)はグループで使う」と言っているのに僕はひとりで使っています

自分だけの”チャンネル”を作成し。そこに思いついたアイディアや、やらないといけないことをガンガンと突っ込んでいくのだ

アプリ起動も早くサクサクと入力が出来るのでかなり重宝している

 

 

雑に使うアプリがひとつくらいあってもいい

僕自身、良くも悪くも”整理整頓”をしっかりやりたい人間なのでアプリの内容もガッツリ整理しがちだ

急に思いついたアイディア等も1度保管できるような感じで”Slack(スラック)”を使っていきたいと思う

”雑に使う”というと聞こえは悪いかもしれないが、思いついた事をガンガン放り込める”Slack(スラック)”はとても便利に使わせて頂いている

 

Slack(スラック)

 

Sponsored Links

カテゴリー