スマホのテザリングじゃ全くデータ通信量が足りない!ということがわかった

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

以前に「無くなってみないとわからない!?インターネットがない生活の不便さ!」でも紹介したが、現在我が家には光回線がない。敷いてはWi-Fi環境がないのだ

そのため自宅で愛用の15インチ MacBook Proを広げようとWi-Fi環境がないため何もすることが出来ない!

我が家に光回線の工事が入るのが12月末日頃。まだまだ10日以上ある

ただWi-Fi環境が無いのは困る!ということで現在はスマホのテザリングで頑張ってブログ更新だけでも・・・と思い運営している

 

 

普段、使わないテザリングで学んだこと

今回のような「引っ越し」というイベントが無ければ本来は自宅にも職場にもWi-Fi環境があるのでスマホでテザリングを行うということは、ほとんどない

現在は自宅にWi-Fi環境が無いことからスマホのテザリングを利用しているのだが、テザリングを使うことで学んだことが何点かある

 

①スマホがすげー「熱」を持つ

テザリングを使っているとスマホの熱がどんどん上がってくる。触れないぐらいの熱さでは無いので、この時期はちょうどいい感じの温度だ

ホッカイロ並の熱さにはなってるんじゃないかな〜と思う

スマホのバッテリーとかには、あまり良くなさそう

 

②速度はあまり気にならない

スマホでテザリングを行う場合、スマホ自身で行うデータ通信の速度よりテザリングで行うデータ通信の方が遅い。実はスマホのカタログを見るとちゃんと書いてあったりする

テザリングが遅いのはわかっていたが実際にテザリングを使ってみると、通信速度はあまり気にならない

YouTubeも普通に閲覧できるし、画像のアップロードも問題ない。ソフトウェア更新で無ければテザリングでも十分に作業を行う事ができる

 

③データ通信量が本気で足りない

テザリングはスマホのデータ通信量を使う。なのでスマホのデータ通信契約がどうなっているかで使えるデータ通信量が変わってくるのだが、僕が契約しているのは月間5GBを使えるプランだ

なのにテザリングで普通にMacを使うと1日で5GBを達成してしまった・・・

これでは仮にソフトバンクのギガモンスター50GBのプランで契約したとしても10日間しか持たないことになる。固定回線ってマジで偉大だ

 

 

ちょっと使うならいいがメイン回線にはなりえない!

出先でちょっとパソコンやiPadを接続するのにテザリングを使うのであればいいかもしれないが、テザリングは光回線の代わりには決してなりえない!

僕のように何でもかんでもWi-Fiに接続しているユーザーは安いからといってテザリングだけにするのは非常に危険だ

逆にパソコンやiPhone、Androidスマホのアップデートがすごく時間がかかってもいいのであればテザリングだけでもありだと思うが、個人的にはあまりオススメしない

 

僕の場合の結論としてはMacで作業を行う通信スピードはテザリングで十分だが、データ通信量が全く足りない!という結果になった

スマホでどんなに大容量プランを契約したとしてもWi-Fi環境は必須ということがわかった

Sponsored Links