プリン好き必見!!富良野(平沢)「エゾアムプリン」を食べてみたぞ!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

最近、実家(富良野)に帰省した際に親戚から面白いプリンを貰いました!

「エゾアムプリン」

というプリンです。

実家が富良野なのに今の今まで知らなかったとは・・・

地元の人は地元の物はあまり食べないし、気にしないんですよね〜

スポンサーリンク

エゾアムプリン製造所

なにやらかなり入手困難なプリンのようで予約をしないと購入が難しいとのこと。

地元民でも1ヶ月待ちが当たり前。道内発送で11月中旬、道外は来年2月上旬だという。

こんなプリンが存在してたとは・・・

1日に18個のみの製造とのこと。全て手作りだからということだろう。

外観

外観は凄まじくシンプル。

これにプリンが入っているとは到底思えないようなデザインだ。

驚くべきなのはサイズだ。プリンらしからぬ外装となっている

開封

開封するといきなり登場するエゾアムプリン!

なにやら小さいパンフレットが入っている。この時点でワクワクが止まらない。

丁寧に開封していくと登場するエゾアムプリン。

プリンでこんなテンションがあがるなんて・・・すごいぞ!エゾアムプリン!!

写真だとサイズ感がわかりづらいと思うので近くにあった一味と比較してみた。

サイズの大きさがお分かりいただけただろうか?

エゾアムプリン製造所のHPから引用したのだが、これだけ巨大なプリンなのだ。

実食!!

僕の知っているプリンはコンビニにあるようなプッチンプリンなのだが、プッチンプリンに比べると固い!

巨大な器にプリンが敷き詰められているので鍋用のレンゲですくってみたが弾力性が強いプリンとなっている。

味はプッチンプリンに比べると濃厚。そう、濃厚なんだ。

今まで僕が知っているプリンとは一味違う大人のようなプリンだった。

食べたあとの巨大な器は使いみちが色々!

エゾアムプリンが入っている巨大な器なのだが、耐熱使用なのでご飯を炊いたりグラタンをを作ったりと様々な調理に役立てることができる。

器も使いみちがあるとは恐れ入る。

富良野の平沢って・・・


富良野から約30分ほどで車で走った所にエゾアムプリン製造所がある。

興味がある方は覗いてみてもいいだろう。

HIRAMAのひとりごと!

普段はプッチンプリンですら口にすることは少ないのだが、このエゾアムプリンには驚かされた。そして何より美味しい!!

予約待ちがすごいのもわかる気がする。少しでも興味のある方はお早めの予約をおすすめする。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう