スマホやインターネットのカタログにある「下り速度」や「上り速度」とはいったい何なのか?

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

スマホやインターネット回線を契約しようとカタログに記載のある「下り速度」や「上り速度」はいったい何の速度を表しているのか?

ご存知の方は多いかと思いますが、今日は少し初心に返って「下り速度」「上り速度」がなんなのか?をサラッと紹介したいと思います

スポンサーリンク

「下り速度」とは?

最近だと自宅のネット回線の下りが1Gbps!なんて回線もあるのですが、「下り速度」とはいったい何を表しているのでしょうか?

「下り速度」とはダウンロードのこと

「下り速度」とはダウンロード速度のことを表しています

「Yahoo!ニュースの何かをタップしたら新しいニュースが開いた

これは開いたのではなくダウンロードしているのです

主にどんな操作がダウンロード?

「下り速度」はダウンロードです。と言ってもピーンとくる人が少ないかも知れないので下記に簡単に例をあげておきます

・ファイルのダウンロード

・動画の再生

・ネットサーフィン

・メールの受信(添付ファイルの再生も含む)

大体はことは「下り速度」が関連しています

「上り速度」とは?

「下り速度」より「上り速度」のほうがあまり耳にしないのではないでしょうか?

昔はそんなに重要視されてなかったのですが、最近では意外に「上り速度」の重要性は高いかもしれません

「上り速度」はアップロードのこと

「アップロード」とは何か?最近はYouTuberという言葉がありますが、彼らは「動画をアップロードしました」等の言葉を使うはず

「アップロード」とは自分から送信する意味合いを持つ

どんな操作が「アップロード」?

使用者によってあまり影響のない「アップロード」

「ダウンロード」よりピンとこない方も多いのではないでしょうか

簡単な例と下記をあげます

・ファイルのアップロード

・メール送信

・YouTubeに動画を上げる

YouTubeに動画をアップしている方にとっては馴染みのある言葉だとは思います

一般的には「下り速度」を見ていればいい

こう見ると「下り速度」「上り速度」が両方早いほうがいい!ってことになりますが、YouTuberや仕事で重たいPDFファイルを急いで送信しなければならない!ということがない限りは「下り速度」だけを気にしていればいいです

アプリゲームや動画、ネットサーフィンは基本的に下り速度に属します

さらに現在のスマホは「下り速度 180Mbps」等の下り100Mbps以上の速度を売りにしているスマホもありますが、実際にその速度はほとんどでません

実際にその速度はでないのですが、LTE規格により(レイテンシーがほぼない)ネットサーフィンやマップ等に関しては遅く感じることはないでしょう

HIRAMAのひとりごと!

スマホやタブレットの「下り速度◯◯◯Mbps」をみてハテナマークがついていた方は当ブログを見ることによって少しでも参考になれば幸いです

スマホのデータ通信制限は「下り速度」に対して制限をかけますが「上り速度」には基本的には制限をしてきません

最近だとSoftBankワイモバイルで2017年8月31日から通信制限がかかる際に「上り速度」も制限をかけるようですが、スマホで重たい作業をしない限りはそんなに使用感に影響がかかることはないでしょう

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう