【開封レビュー】強力なビジネスハイパフォーマンスPC!SurfaceBook!!

どうも!HIRAMA(@hiramarilyouiti)です!!

WindowsPCを使うならSurfaceを使いたい!と思っているのだが、Surfaceシリーズの中でもパワフルなモデルであるSurfaceBookの開封に立ち会う事ができたので紹介したい

ちなみにSurfaceBook2ではないことは前もって伝えておこう

スポンサーリンク

外箱

これがSurfaceBookの外箱。かなりシンプルなデザインだ

購入前に展示されているSurfaceBookを触ってたのだが、それよりも大きく感じるのは気のせいだろうか?

ちなみに開封するSurfaceBookのスペックはこちら

用途は主にOfficeソフトを利用しての書類作りがメインとなる。なのでストレージはそんなに必要なく、256GBで抑えているところ

重たい作業は基本的にやらないのでメモリも8GBだ

開封

開封するといきなりMicrosoftのロゴが登場する

これだけでかなりテンションがあがる。いきなり本体が登場してくれるだけで胸がワクワク感で包まれていく

SurfaceBookを持ち上げてみると、Surface Penが顔を出してくる

ちなみに購入した店舗の店員さん曰く、SurfaceBookにはSurface Penが付属してくるのだが、SurfaceBook2には付属してこないとのこと

なので必要があるのであれば別途購入が必要ということだ

AppleのMacBook Proよりはガッチリしている印象が強いSurfaceBook

重量は1.5kgほどあるのでそこそこ重量感もタップリだ

SurfaceBookを開けてみると、ペラペラの用紙がキーボードを守っている

いや〜やはり新品はいいものですな〜ひとつひとつを見ていくだけでテンションが上がっていく

側面にはMini DisplayPortとSurface ConnectというSurfaceBook専用充電端子がある

SurfaceBookを充電する際に利用する

逆側にはフルサイズのUSB3.0とSDカードスロットを搭載している

SDカードを直接させるのは、かなりポイントが高い

個人的に残念なのは充電端子が専用のものしか使えないという点だ

ここがMacBookのようにタイプCとかだと利便性があがる気がするのだが、どうだろうか?

キーボードにバックライトもしっかりついているので暗いとこでも安心して利用することができる

軽くタイピングをしてみたが、とてもいい感触の打撃感だ。タイピングしづらいということは全くない

まとめ

SurfaceBookのいいところはタブレットにもなるのでモバイルPC以外にタブレットも欲しいな〜という欲求を解決してくれる

1台で2役以上になってくれるので価格はそこそこするが、満足度は非常に高い商品だろう

SurfaceBook2も登場しているが、せっかくなら少しでも安価に持てるSurfaceBookをおすすめする

スポンサーリンク
この記事が気に入ったらいいね!しよう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう